2007年 12月 05日 ( 1 )

===決断===

朝1番で、「りんご」がやってきた!

おお! 青森のサトウくんからだ!

d0111435_19502396.jpg


さっそくお昼ご飯の後、デザートにいただきました。
切ってみてまたビックリ! すんごい蜜が入っているよー!
ありがとうね、サトウくん。 とっても甘くておいしいりんごだわ〜!
そして、中には来年の干支のネズミの模様付きりんごも発見!

d0111435_19532333.jpg


「なんだかすごくしあわせがやってきた」 そんな感じです。

そのしあわせを味わいながら、ワタシは『決断』していた。
なにを? って・・・

「歯を抜いちゃうぞ!」という『決断』でした。

もうかれこれ20年近く【掌蹠膿疱症】というやっかいな病気で悩まされているワタシは、「歯を抜く」と治るかもしれないということに一か八か賭けてみることにしたのです。
最初の10年は、足の裏の皮がほとんどなくなり「歩く」と肉が裂けて、それはそれはつらかったです。 でも、【扁桃腺】をとってしまうと治るかもしれないと聞いて(キリイちゃんに)、「よし! とっちゃおう!」 と手術をしてその半年後にはすっかり健康な足の裏になったのです。
モチロン【扁桃腺】が腫れたり、熱を出したりしたことがなかったのですが、「悪玉菌を生み出す」ような「物体に変質」していたらしいです。

その後、今度は手のひらに出てくるようになりました。
そして今ではゴム手袋をはいて「お炊事」しなければ、手のひらが裂けて石けんがしみてしまう状態になっています。
考えられる次の策は「歯が悪さをしているかも?」
ということで、今通っている歯医者さんが珍しくこの【掌蹠膿疱症】に詳しい、経験の豊かな先生だったので相談していました。

そして、今日、
「この歯が原因でありますように!」
そう願いながら・・・・1本だけ抜いてきました。
結果がわかるのは、一月を過ぎてから?

ううーん、今日は「エネルギー使った」
by mszip | 2007-12-05 20:14 | 自分だけ目線

オートバイとわんこに囲まれて日々感じたこと・・・


by mszip