「和」こころ

遊びに来てくれたスケテツさんに、今日またまた感心させられた。

その原因は、お手製の「チーズの薫製」をいただいたことにはじまる。

d0111435_20481621.jpg


しっかりと香りのしみこんだチーズは、形もよくてまんべんなく薫製になっていた。
その秘訣を聞いたときには「なかなか手の込んだ、研究しつくされた」コトに驚いた。
チーズのブランドによって、うまくできるものとできないものがあるらしい。

スケテツさんが帰ってすぐあとに来たりんちゃんとアニに、
「チーズの薫製もらったんだ! 見てみる??」
そういって「味見」大会になった。 うまい!
みんなでうなった! 「こんなにおいしいの、食べたことないね!」

d0111435_20533292.jpg


趣味であれ、仕事であれ、「手をかけて丁寧に仕上げる」ところに
しっかり「和ごころ」を感じてしまいました。

普段作る、“ご飯”にもこうやって愛情を持って仕上げていくことが大切だよなぁ〜としみじみ。
ほんのチョットのことに「気遣い」できることが、人の心を動かすことに繋がるはず・・・

そして、それはこの「心憎い」「さりげない」演出にも学ぶこととなった。

d0111435_20594034.jpg


茶道では『相手を点てる』 『もてなす』 ことに、遊び心を取り入れた素敵な作法が多くあるけれど、まさにそこに通ずるものが伝わってきて「心がふっくら」してうれしかった。

今日の教訓!
こんな「気働き」を「さりげなくできる人」に、なりたいものです。
by mszip | 2007-10-29 21:08 | 自分だけ目線

オートバイとわんこに囲まれて日々感じたこと・・・


by mszip
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30