勇気

雨が降り、もうすぐ冬が来るこの季節になると
必ず思い出すことが2つある。

もう、14、5年経ったんだなぁ・・・
妹のようにかわいがってくれるその人は、ワタシの大切な「親友」のような存在。
こんな女性になりたい、目標となる尊敬する人。
その人が40歳の若さで倒れてから、もうそんなに経ったんだ・・・・
幸い命は助かって、でも左半身は自由を奪われてしまうことに。

日赤病院のICUに通った毎日は、新橋の上では涙で路面がぐにゃぐにゃに見えたっけ。
それからというもの、彼女のもちまえの明るい性格と家族の支えもあってめざましい回復をしてワタシは驚かされている。 1mを進むことに強い精神力で勇気を持って立ち向かってきた積み重ねが、毎回会うたびにズシッとひびくものがある。

人から「与えられる」人間になるより、人に何かしらちっぽけでも「与えることのできる」人間になりたい・・・ そう思ったのは、彼女との出会いがあったからだと心からそう思える。

こんな哀しい思い出を振り払うように、今度の夕張に「復帰参戦」することが決まって私達に大いに【勇気】を与えてくれたHくんは、2つめの思い出の主人公でもある。
「イタイ」「つらい」という言葉を、1度も聞いたことがない。
それどころか、「人にできることならば、自分にもできるはずだ」という言葉を何度もきいたことがあるくらい、チャレンジャーでもある。
この「復帰参戦」をきいて、当然みんなが大喜びである。
「Hくんが出るなら、オレも出ようかな」 と、いつもは参戦していない人たちまで、夕張で「一緒に彼とレースを味わいたい」衝動に駆られる。

この時季に思い出す、「つらい思い出」は、いつしか「すばらしい思い出」の上塗りになっていっているよう・・・
11月4日は、楽しくなりそうな予感・・・
by mszip | 2007-10-21 14:24 | オートバイ

オートバイとわんこに囲まれて日々感じたこと・・・


by mszip
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30