アキラと相談

先日のカレーライスツーリングの企画を、札幌のアクセスからの帰りに遊びに来てくれたアキラに相談してみた。
「お!いいね! なんか目的あった方がツーリングも楽しいよ」とのこと。
それで、「どこか、ちょっとイイ距離のカレー屋さん知ってる?」と聞いてみた。

「う〜ん、地図見ながら調べておくね」と言ってくれたのである。
まずは、リサーチしてみなきゃわからないけれど、一人で調べるより、多くの人に聞いてみよう! カレーライスツーリングの企画の第一歩である。
# by mszip | 2007-03-18 17:54 | オートバイ | Comments(4)

回復にむかう

具合の悪かったピコは、今朝から少し機嫌もいいみたい。
「ごはん、食べる?」と聞くと目を輝かせて奥のご飯のある場所へと歩いていく。
食べたい:イコール:食欲がもどった!!
まだ、吐き気はあるらしく、休み休みだが完食!
昨日よりは湿疹の腫れも、気のせいか退いてきたように思う。

そんな夕方、「濡れ煎餅の宣伝効果」もあって?にぎやかなひとときを過ごすことができた。 無理矢理のわたしの「味見してみなよ」攻撃に、笑顔で応えていただき、うれしいかぎり・・・
おいしいものは、みんなで食べたい。 そんなだから、いつも段ボールで多めの買い物になってしまい、シャチョウに笑われるけれどやめられない。
きっと、あきれてるからしようがないと思っているのか・・・
# by mszip | 2007-03-17 22:43 | 生活 | Comments(4)

銚子電鉄がんばって!

去年の11月に注文した品物が、今日届いた。
「代金引換で」といわれてはじめて、注文したことを思い出した。
「あっ!あのときの!」 ぬれせんべいである・・・
d0111435_14243332.jpg銚子電鉄が廃止になるかもしれないというTV番組の中で、銚子電鉄の経営を支えるぬれ煎餅を初めて知ったわたしは、「会社全体でがんばっている人の役に立つなら」と注文したのである。それに、ぬれ煎餅を食べてみたかったのが本音だったかもしれない。(99%はそうかな?)
さっそく段ボール箱から取り出して、食してみた。
d0111435_1430041.jpg
こんなにしっとりしているとは・・・みかけによらず予想外!
しかも、味が懐かしい、香ばしい、オイシイ!
noriさんとこの「うすやきせんべいさん」もとってもおいしいけれど、これも甲乙つけがたい。 なんか、イイ買い物したなーってかんじ。
でも、ダイエットしなきゃ・・・
# by mszip | 2007-03-16 15:37 | オートバイ | Comments(7)

元気のないピコ

昨日から、「なんか、元気ないみたい」そんなふうに思っていたら案の定、今朝おなかにいっぱい湿疹が出てた。
「うわっ、まただ!」 すぐに去年の秋のことが頭の中をよぎった。
体中に湿疹が出て、首のまわりは赤むくれ・・・
ご飯も食べることができなくなって、下痢と嘔吐で部屋中めちゃめちゃ。
あの小さな体で3kgも痩せ、水ばかり飲んであげくに肝臓と腎臓が悪くなっていた。
病院へかかってもう完治したので、最近は忘れかけていたことだった。
d0111435_20204841.jpg


あわててまた病院へ。 車の中ではぐったりしている。
「何かいつもとちがうことあったっけ?」「いつものごはんしか食べてないはず」
などと、いろいろ顧みては原因になることを探してみた。
先生:「熱も高いので、食欲はなくなりますね。多分細菌などに弱く、抵抗力もおちていたんですね」
わたし:「また、去年みたいにならないようになんとか・・・」
先生:「一応、下痢止めと抗生剤を注射して、明日まだ変わらないようでしたらまた来てください。ほかの注射をして熱を下げます」

このあと、店まで約15分間車で揺られて帰りました。
しかし!帰ったとたんご飯入れのところへ行くではないですか! これには、半信半疑で「ヨシ!」と差し出してみました。
あんなに「うっぷ」をして食べなかったピコが「がつがつ」食べるんです!
しかも、完食です。 「あー、助かった」 これで明日の朝、また食べられれば大丈夫。 
いつもうるさいほどに元気なピコが、悲しい顔してぐったりするととても心配になります。 今日はとにかく、一安心です。
# by mszip | 2007-03-15 20:35 | 自分だけ目線 | Comments(4)

一日で

昨日の大雪で、きれいな白い世界になったのは間違いない。
おとといまでは「もう、乗れるかも」なんて期待で「山の雪っていつもだったら5月だっけ?溶けるの。今年は4月半ば、いや河原なら初旬には・・・」こんな話で大盛り上がり。

でも、今日の予報はみごと外れて雪がちらついたのは、午前中ほんの少しだった。
「よかったねぇ、今日もあの調子で降り続いたらきっといつもと同じだね」などと待ちわびている会話に終始。
d0111435_2161475.jpg
待ちわびているのは、このバイクたちも同じように思える。
あと20日かな。もう少しだよ。そんな声まで聞こえてきそう。

この前読んだ本の中で「日本人は、四季がはっきりしているからすぐれたものをいっぱい持っている」というのを思い出した。
待ち続けた春がやってくる。だから、バイクに乗る感動は特別で、代え難いもの。
「もう今年はこれ以上、雪降りませんように・・・」
# by mszip | 2007-03-14 21:22 | オートバイ | Comments(2)

はじめて食す

昨日、食いしん坊な私がはじめて「チョコレートフォンデュ」を食べました。
焼き肉屋さんに行った後、おなかもほどよく満腹状態の後でしたが、8名でフォーク片手に思い思いのフルーツやパンをチョイスしてドロドロに溶けたチョコレートをつけて食べる。
なんだか子供の時に戻ったように楽しいひとときでした。

d0111435_18523128.jpg

明治の板チョコを少量の牛乳でのばして、どんどんなめらかになっていく様子を「ね、もういい? まだなの? もう少し牛乳入れる?」などといいながら、片手にはいちごの刺さったながーいフォークを持って・・・

イチゴもおいしかったけど、やっぱ、バナナが大好評!
みんなで鍋をつつく楽しさに、少し似てるところがいいのかもしれない。
# by mszip | 2007-03-12 18:59 | 自分だけ目線 | Comments(4)

やっぱ、カレー!

バイクに乗れそうなくらい暖かかったこの数日、ふと思い出したことがあった。
今年は「カレーだ」

『魅力的なおいしいカレーをバイクにのって食べに行く。』
去年の秋に思っていたことだ。
「ん〜! 計画も何も手をつけてない!」ことに気づき、そうだ、まずは人選からだ。

道を知ってて、カレーが好きであれば良い。いや、バイクも好きでないと困る。

行きたい人、募集するところからか・・・
いや、まずこの計画「カレーライスツーリング」を今年決行!決定! するところからだ! 皆様のアイディアお待ちしております。
# by mszip | 2007-03-11 17:18 | オートバイ | Comments(2)

今年は亥

「いやぁ〜、もう少しだね」とお客様Sさんは店にはいってくるなりにこにこ顔だった。待ちに待った雪解けの時季を、本当に喜んでいる。思わず私まで、うれしくなってきた。
そのSさん、「実はね、知り合いの人でバイクに乗ってる人がいるんだけれど。昔は350cc、そのあと徐々に排気量が少ないのにして今は50ccなんだよね。そして、その知り合いは『もう還暦だからバイクは無理』みたいなこと言うんだよ。」

私は、そのSさんを見ながら「エッ、だって・・・」と次の言葉を探した。
なぜならそのSさんも今年還暦だったからである。
Sさんは、はじめてバイクを買って乗ってもらったとき、80ccからのチャレンジ。すでに50歳は過ぎていた頃である。
徐々に排気量をUP、250cc、750ccとステップアップ!
この春からは1200ccになるというのに・・・
同じ歳でも、ずいぶん違うモンだとがっかりしたらしい。

そしてSさんは付け加えた。「60年に一度の黄金の豚なのに」
ついこの間見たTVを思い出した。中国では今年の亥年は60年に一度の豚年。
「おお!そうだよね! その亥年に生まれると、お金持ちになるとか、幸福になるとか、中国では今ベビーラッシュがやってくるらしいね!」

いつも前向きで多趣味なSさんは、だからなのか・・・「黄金の豚」だったとは・・・
おなじ亥年でも、ちょっぴりうらやましい。 だから、乗れるうちはずっとバイク乗ってやるぞ!などと心の中で言い聞かせていた。気づいたら、私が励まされていたようである・・・
# by mszip | 2007-03-10 17:21 | オートバイ | Comments(5)

昔、犬だった

最近、とくに夜、自宅でビールなんか飲んじゃってイイ気分になったとき必ず思うことがある。
「わたしって、昔、犬だったと思う」

そうシャチョウに言うと、「ハイ、ハイ・・・」と相手にはされてない。
そして、もう一度「やっぱり、そうだったと確信してるんだよ!」

そのワケは、わんこ達をつかまえてはまず、「匂いをかぐ」習性。
そして、必ず、耳をかむ。「ぎゅっ」。
そうするとなぜだかとても幸せな気分になれるからだ。(お酒を飲んだときにはとくに)
よくわからないが、前世ってものがあるのなら、「きっと犬だった」。

こんな私を飼い主にもってしまったわんこ達は、「はやく、人間になりたい」と思っているのかな・・・
# by mszip | 2007-03-09 22:40 | 生活 | Comments(10)

ハウルの動く城

「まだあるよ」の情報を信じて、アッシュへと足早に歩いていた。
まだ買い物公園のいたるところに氷の絨毯が敷いてある・・・
「KTMのスニーカーにするの、まだ早かったかな?」とちょっぴり後悔気味に思っていた・・・
アッシュのガラス扉を押し開けると、そこには私の想像以上の大きさの「城」がとびこんできた。
d0111435_15342858.jpg
中通り側から(陽の当たらない)入った私は、「ちがった!」と一瞬疑った。
なぜならその「城」は後ろ向きで、記憶の中の「城」の「顔」ではなかったから・・・

「あ、写真。」そう思ったときには携帯のカメラに手が伸びていた。
d0111435_1541423.jpg

その「城」の足下にはふとどきにもベンチがグルリと置いてあり、人はまばらに座っていたように思う。(カメラに夢中で、いや、正直にいうとカメラの操作の苦手な私は、真剣に写真を撮ることばかり考えていて、あまり周囲を見回す余裕がなかったのです。)そんな人たちの目線も気にせず、ついに出会った「城」を眺めていたのでした。
# by mszip | 2007-03-08 15:48 | 自分だけ目線 | Comments(7)

オートバイとわんこに囲まれて日々感じたこと・・・


by mszip
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30